にきび改善知識

にきび患者の増加とにきびの原因

更新日:

ニキビ患者
おでこや頬にできるにきびは、ほとんどの人が1度は経験したことがある思春期のシンボルです。

しかし、そんな思春期のにきび、最近では事情が少し変わってきているのです。

じつは、早い子は思春期前の小学生からにきびができはじめています。一方では、思春期はとうの昔に終わった大人のにきびが増加しているのです。

クリニックの先生によると、思春期のにきびより大人にきびの患者さんの方が最近では多いほどだそうです。にきびは思春期の皮膚の病気だとは言えなくなってきているのです。
 

なぜニキビ患者が増加しているの?

にきび患者の増加には理由があります。

にきびになりやすい人は、にきびになりやすい生活習慣を身につけており、にきびになりにくい人はにきびになりにくい生活習慣を身につけているのです。

例えば、夜遅くまで起きていたり、甘いものや油っこいものばかり食べていたり、正しい洗顔方法を身につけていないことなどによっても二キビはできやすくなります。

また、にきびの原因には、ストレス、夜ふかし、便秘、過度なメイク、間違った洗顔方法などがあげられます。

たかがにきびと考えていると、月面のクレーターのような肌になってしまう場合があります。一度そうなってしまえば簡単には治りません。重症になる前にしっかりとにきびについて学び、実践して行くことが大切です。

正しいにきび対策をすれば、にきびは必ず治ります。そのためにも、もし、にきびに悪い生活態度をしていると感じる部分があれば今日から正しい生活習慣に入れ替えるようにしましょう。

ニキビの種類と原因

ニキビはどこにでもできるわけではありません。

手の甲やヒジやヒザ、目元などにはニキビはできにくいですが、逆に顎周りや鼻の横、口周り、おでこ、お尻、背中などにはできてしまいがちです。

このニキビは、ニキビと一口に言っても、色々な種類があることをご存知でしょうか?

また、そのニキビの原因は、それぞれのニキビの種類で異なってきています。

例えば、顎周りにできるニキビは、月経前のホルモンバランスの乱れを表しており、口周りにできるニキビは、胃の不調が原因であると言われています。

また、ニキビの原因に非常に多いのが、毛穴に汚れがたまってしまい、その雑菌や細菌から感染してしまう事でなってしまうニキビです。

ニキビというのは、特に思春期の女性に表れやすいという特徴がありますが、それは、思春期、成長期の時期というのは、ホルモンバランスもあまり落ち着いていないからでもあります。

ホルモンバランスが悪いと、ニキビを誘発するような事が重なっていき、ニキビ肌になってきてしまうのです。

これらニキビは嫌なものですが、毎日ケアしていく事で、改善させていくことが可能です。

現代では、ニキビを予防するための薬や、ニキビの治療をしていくのに役立つケア商品など、オンラインからリーズナブルな価格で購入する事ができます。

これらを役立ててニキビケアをしていくというのも、ニキビ対策としてはおすすめです。

それらを役立てながら、ニキビケアしていき、角質の汚れをこまめに取り除いていく事も必要になってきます。

年齢によるニキビの原因

ニキビには、様々な原因が考えられます。

ニキビができる年齢によっても、その原因は異なってきます。

特に10代の高校生の方などで、ひどいニキビ肌にお悩みの方は非常に多いようですが、これは、食生活に問題があるという原因も考えられますが、多くの場合、ホルモンバランスの乱れによるものからだと言えます。

この頃は、まだ女性ホルモンなどのサイクルや働きが安定していないため、ニキビを誘発してしまうようです。皮膚の血行が悪いだけでも、ニキビを誘発してしまいます。

また、ニキビは、不規則な生活をしているだけでも、できやすくなってしまうものです。

食事バランスが悪い事でも、ニキビは増えてきます。
特に、ジャンクフードやファーストフードなど、高カロリー、高脂質で、栄養価の低いものは、特にニキビを招いてしまいます。
油脂の多いものもNGです。

ニキビを根本からケアしていきたい場合には、まず、不規則な生活に心当たりのある方でしたら、その乱れた生活を正す事から始めてみて下さい。
生活バランスというのも、それだけ肌細胞に影響してきてしまいます。

夜遅くに食事をとったり、夜更かししてしまうだけでも、ニキビの原因となってしまいます。

一番いいのは、早寝早起きの習慣を整えていき、精神的ストレスの他、身体的ストレスもためないでおく事です。
ストレスも、肌質にとても大きく影響します。
ストレスがたまっていると、ニキビもそれだけできやすくなってしまうのです。

ニキビケアランキング

-にきび改善知識

Copyright© にきびの原因!危険、甘く考えてはいけない!自己流のニキビ対策 , 2017 AllRights Reserved.