ベルブランの成分と効果を詳しく解説!

ベルブランの成分

ベルブランには、様々な成分が含まれています。

しかしアレルギーを引き起こす可能性があるものは使われておらず、敏感肌や乾燥肌など、様々な肌質の方が安心してニキビ跡ケアができるように作られています。

そう、ベルブランは、パラベン、香料、着色料など、8つのフリーを達成したニキビ跡ケア美容液。

以下ではベルブランの特にうれしい成分を5つご紹介します。

ベルブランの導入成分:油溶性甘草エキス

ここでは、ベルブランの成分である油溶性甘草エキスについてご紹介します。

油溶性甘草エキスは、植物エキスで強力な消炎効果や抗アレルギー作用、副腎皮質ホルモン性の作用があります。

主成分のグラブリジンは、メラニンの生成を促す酵素チロシナーゼを抑制する働きがあり、その力はコウジ酸以上と言われています。
細胞間脂質への浸透力があり、美容成分を各層にしっかりと浸透させてくれます。

またシミやくすみを防ぐ効果があり、色素沈着を起こしたニキビ跡にも有効な成分です。

参考サイト:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6%E5%B1%9E

ベルブランの美白成分:トラネキサム酸

ここでは、ベルブランの成分であるトラネキサム酸についてご紹介します。

トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一つです。

シミの改善薬としての効果が認められている成分になります。
シミの原因でよく知られているメラニンですが、そのメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、色素沈着の抑制をし、シミをできにくくしてくれます。
ニキビ跡だけでなく日焼けにも効果が期待できます。

参考サイト:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%A0%E9%85%B8

ベルブランの炎症を抑える成分:グリチルリチン酸2K

ここでは、ベルブランの成分であるグリチルリチン酸2Kについてご紹介します。
グリチルリチン酸2Kは、甘草の根っこや茎から取ることができる成分です。

美白成分に加え、強力な消炎作用があり、皮膚炎などに特に効果があると言われています。
抗アレルギー効果も期待でき、敏感肌の人にもオススメです

上記のとおり炎症を抑える働きがあるため、ニキビをできにくくし、すでにできているニキビの悪化も防いでくれます。

参考サイト:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%B3%E9%85%B8%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

ベルブランの水分保持成分:ヒアルロン酸

ここでは、ベルブランの成分であるヒアルロン酸についてご紹介します。
ヒアルロン酸は、細胞の間に存在し水分の保持などの役割があります。

ベルブランにはそのヒアルロン酸が3つも配合されており、高い保水力を長時間維持できます。

ヒアルロン酸

非常に多くの水を保持する能力がある成分です。
1gのヒアルロン酸で、6Lもの水を保持できます。
肌の保湿を保ち、シワの原因になる乾燥を防ぎます。

スーパーヒアルロン酸

ヒアルロン酸よりもさらに保水力を高めたものがスーパーヒアルロン酸と言われています。
肌なじみが良く、長時間にわたり潤いを保持することができるため、もちもちとした肌が期待できます。

加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の浸透力を高めた成分です。
角質層まで浸透し、乾燥肌を根本的に改善する効果があります。
また肌の表面にとどまり、水分の蒸発を抑える効果もあるため保湿も期待できます。

この3つのヒアルロン酸で水分が十分に保たれた肌は、キメが整いモチモチとした肌になります。

そうするとニキビの原因になる菌や角栓などがたまりにくくなるので、ニキビをできにくくします

参考サイト:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%B3%E9%85%B8

ベルブランの保湿・保水成分:水溶性コラーゲン

ここでは、ベルブランの成分である水溶性コラーゲンについてご紹介します。

水溶性コラーゲンは肌の主成分と言われており、じつに肌成分の90%をしめています。

コラーゲンとは違い、水に溶けやすい性質を持っており、化粧品に含まれることが多い成分です。
粘りが強いため肌の保湿や保水に効果的です。

また細胞をしっかりと支え、規則正ししく整列させることでハリ・弾力の維持に効果的だと言われています。

参考サイト:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

ニキビにならない基本のスキンケア

ケア用品だけでなく、日ごろの洗顔にも気を付けましょう。
基本の洗顔方法について説明します。

① ぬるま湯洗顔

石鹸で手についた菌を洗い流します。
ニキビを作る原因にもなるのでしっかり洗い流します。
汗やほこり、メイクなどを落としやすくするために、毛穴が開きやすくなる「34度」のぬるま湯で洗顔します。
肌に刺激を与えないよう、優しくぬるま湯を当てるような感覚です。

② 洗顔料・クレンジング剤で洗顔

メイクをしている場合はクレンジング剤を、メイクをしていない場合は洗顔料を使用し、洗顔していきます。

クレンジング剤と洗顔料のダブル洗顔、必要以上に角質を落とし、乾燥の原因になるのでどちらかにします。
泡立てネットなどでしっかりと泡を作り顔にのせていきます。

泡を肌の上で滑らせるように、指先で優しく洗います。

③ すすぎ

クレンジング剤、洗顔料が残らないよう34度のぬるま湯でしっかりとすすぎます。
肌に刺激を与えないよう、優しくぬるま湯を当てます。

④ ふき取り

タオルでふき取りますが、この時も肌への刺激がないよう優しく抑えるようにします。

⑤ 保湿

洗顔後はしっかりと保湿します。

化粧水を手のひらで温め、優しく肌につけていきます。
化粧水後は乳液で化粧水の蒸発を防ぎます。

乳液は油分を多く含むため、テカリが気になる部分などは少なめに塗るといいでしょう。
水分と油分のバランスが大切です。

まとめ

科学実験

ベルブランの成分についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

ひと言でニキビ跡ケアといっても、赤みのあるニキビ跡やシミになっているニキビ跡など、症状や原因が様々です。

ニキビ跡を悪化させないためにも、正しいスキンケア方法、ケア用品の選択をしましょう。
あなたの症状に合った、ケア用品を使って、ケアを行なっていくことが大切です。

ベルブランはニキビ跡ケアだけでなく、他にも多くの効果があることがわかっていただけたかと思います。

・「トラネキサム酸」ニキビの炎症を抑えます。
・「グリチルリチン酸2K」新しいニキビの予防をします。
・「油溶性甘草エキス」肌への浸透力を高め有効成分を深い角層まで届けます。
・「トリプルヒアルロン酸」長い時間の保湿を効果的にしてくれます。
・「水溶性コラーゲン」で肌のターンオーバーを整えます。

今回ご紹介した成分は一部になります。

ベルブランを実際に使っている方の口コミをご覧になると、でベルブランが選ばれる理由がよくわかります。

ベルブランで、あなたの悩みを解決しましょう。